アラフォー×プレシングル×会社員 hazukiの日記

     探偵を使い夫の不倫をあばく。現在、離婚協議中。過去を振り返りながら綴ります。※明るいブログではありません・・

探偵会社選び①

≪2019年10月上旬≫

「街角探偵相談所」で紹介してもらった探偵会社(🅹●●)について、

ネットで少し調べたが、口コミが少し確認できただけで、

残念ながらあまり情報を得られなかった。

hazukimom.hatenablog.com

そもそも探偵を依頼する人は限られているだろう。

あまり情報が掴めないだろうことは想定内だった。

 

探偵を依頼すること自体、それなりに高額なので、

できれば事前の情報収集はしっかりしておきたいと思った。

かといって、ネットで拾えなければもう方法がほぼない。

人には話せないから聞けなかった。

(以前相談していた友人Aは、

 探偵へ依頼をして夫の不倫証拠を掴んでいたが、

 友人Aからは、女の詮索を止められていたので、一旦聞くのは保留にした)

 

紹介してもらった探偵会社(🅹●●)の情報が

あまり取れないのであれば・・・

 

次にネット検索するのは、

「大手 探偵会社 不倫調査 ランキング」等のキーワード。

これであれば、出てくる出てくる。

どのサイトも、当然ではあるが、大手として紹介している会社は大体同じ。

「大手」と言っても、自分には縁のなかったこの業界。

どこも聞きなれない名前ばかり。

 

どう比較して決めたら良いものか?

いくつか最低限確認しなければならないことを決めた。

  • 公安委員会に探偵業の届出をしているか
  • 事務所の場所(実在するか)
  • 行政処分の有無
  • 調査中の連絡は可能か
  • 調査は何名体制か
  • 調査報告書の中身と受領時期
  • 料金プランが明確か

 一旦、上記のポイント。

ネットに出ていた大手と呼ばれる探偵会社へ順番に電話をして確認をした。

※事前にネットで確認できるものはネットで確認。

 

電話応対の印象も会社によってまちまちだった。

一番気になる調査費用は、

実際に面談をしないと教えてもらえない、

というところも多かった。

料金は選定をする上で最重要なんだけど。。

仕方がないのでまずは1社、面談を予約した。

まずは感覚をつかみたい、と思った。

ひとまず場数を・・・

 

 

精神状態が安定しない中での探偵会社選びもなかなかしんどかった。

普段ならもっとまともに、冷静な判断が下せるものでも、

不安定な精神状態というのは、

阻害するものが多すぎる。。

そして、常に心の中にあった焦りがさらに邪魔をしていた。

 

その焦り、というのは・・・

 

夫がよく行く出張。主に海外。

少し前に、部屋に放置されていた夫のパスポートを見た。

 

そしたら・・・

実際の帰国日の前日に、刻印がされていた。

もう自分も段々驚かなくなってはきていたものの、まさかとは思った。

その日は女の家に泊まっていたことは間違いなかった。

その後、夫の会社携帯で、

例の位置情報サービスで、

滞在場所と時間を確認した。

どんぴしゃだった。

 

そんな理由から、

次の出張の帰国日の前日を探偵会社へ依頼をしたかった。

出張は、大体隔週。

できれば、次のタイミングを狙いたかった。

それがわたしを焦らせていた。